解析・評価技術

ホーム > 解析・評価技術-流体解析

流体解析

当社は長年の実験と解析評価の蓄積により、実際の性能をより近似に可視化できます。
解析を必要とされるお客様は、是非ご相談ください。

保有解析ソフト

SOLIDWORKS Flow Simulation

ANSYS CFX

解析事例
粒子追跡法による粉末噴射ノズルの設計

エジェクタ式で粉末をノズル内へ導き、先端から噴射することで対象物へ高速度で衝突させる。
粉末流入孔の最適位置 (効率よく粉末を吸引できる位置) を決定するためにケーススタディを行った。

粒子追跡法による粉末噴射ノズルの設計 イメージ
スリットエアーノズルによる高粘度流体の噴射

高粘度 (はちみつ;粘度 8 Pa・s) の液体をスリットノズルから噴射して対象物上へできるだけ均一な被膜を作る。
通常、液体にはコーターダイを使用することが多いが、重量制限があること及びコストを考慮して、スリットエアーノズルの構造のままで高粘度流体をできるだけ均等に噴射できるよう設計した。 繰返し解析を行うことで内部構造の最適化を図った。

スリットエアーノズルによる高粘度流体の噴射 イメージ
エアーノズル速度分布解析

ノズルオリフィス及び外部形状の違いによる、噴射流速の違いを解析した。オリフィス形状は円形ストレート形状、ラバール形状で比較し、ノズル外部形状による影響を検証し高流速ノズル形状の最適化を図った。

エアーノズル速度分布解析 イメージ

流体解析をご検討のお客様は、是非ご相談ください。専門スタッフが、個別に対応させていただききます。

お問合せはこちらから

pagetop