解析・評価技術

ホーム > 解析・評価技術-水量分布測定装置

水量分布測定装置

ノズルから噴射及び噴霧された流体には、いろいろな密度分布を持っています。 通常の設計においては、圧力、流量、噴射範囲等から行いますが、ノズルによっては、幅方向の水量密度の均一性が得られない場合があります。
また、高度な均一性が必要な場合は、水量分布の検証が不可欠となります。

測定は、所定の距離、噴射圧力、ノズルを複数使用する場合は、ノズルピッチなどを合わせ、アクリル容器に一定時間噴射します。
容器に溜まった水位をセンサーで取り込み、容器の補正値などをPCにて補正し、水量分布を数値化します。

事例

空気と水を混合させてスプレーパターンを形成する2流体ノズルで、水量ターンダウンを約 14 倍に変化させた場合の水量分布均一性を検証した。

事例 イメージ

スプレーノズルの最適化をご検討のお客様は、是非ご相談ください。専門スタッフが、個別に対応させていただききます。

お問合せはこちらから

pagetop